昔から親しまれている剣道|防具を集めよう

購入のポイント

面

初心者向けの剣道の防具が、セットで販売されています。まとめて買った方が安上がりです。購入する際のポイントですが、竹刀や胴着は自分の身長や体格に合ったものを揃えてください。竹刀の長さや重さに規定があります。

More Detail

大人になっても続けられる

防具

剣道の防具は、竹刀の攻撃から、体を守るためにつけるもので、頭を保護する面や、胴体を保護する胴、手につける甲手などがあります。剣道の防具を、長持ちさせるために気を付けることは、拭いたり乾燥させて、手入れを行うことです。水洗いできる防具も販売されていて、衛生的に利用できます。

More Detail

稽古にも試合にも

試合

4つの部位で体を守る

剣道で使われる防具は、頭、胴体、両手、腰と4つに分かれています。まず頭部を保護する「面(めん)」、顔の部分は金属の格子で覆われ喉の部分にも「突き垂」と呼ばれる保護部分があります。「面」を頭にかぶるときには、汗や皮脂による汚れを防ぐために頭に手拭いを巻きつけてからかぶります。次に胴体を保護する「胴(どう)」、胸や腹、脇腹をプラスチックや竹、ファイバーなどの固い芯材を使って保護します。次に「小手(こて)」、これは肘から先の腕および手の先までを保護します。最後に「垂(たれ)」、腰や局部を保護するもので3枚の大垂と2枚の小垂で構成されています。真ん中の大垂には、自分の名前や所属している団体などが書かれた名札を付けます。これらの防具は、剣道着と袴を身に着けた状態で装着します。「面」、「胴」、「小手」などは竹刀の打撃や突きなどが直接当たる部分なので、かなり強固な作りになっているのが特徴です。

自分だけのお気に入りを

子供が部活で剣道を始めたとか、昔やっていたけどまたやりたくなったとかで防具が必要になった方もいるかと思います。今剣道の防具にもいろいろ種類があるんですよ。まずお店でも通販でも防具を選ぶときに手刺しとミシン刺しがありますが、高段者に人気があるのは柔らかさのある手刺しの方です。手刺しはもちろん手作業なので値段も高くなりますが、初心者の方などコスト優先でミシン刺しの方を選んでも品質に全く問題はありません。また胴の色や胸部分の飾りなどにも種類があり、ここで自分の好きなものを選んで個性を出すのもいいですね。小手などは手首が自由に動かせるという理由から、手首の部分が柔らかく作られている物に人気があります。剣道初心者の方でも長く続けている有段者や高段者の方でも、お気に入りの防具が見つかるといいですね。

スポーツの道具

稽古

剣道の防具は重たいというイメージがありますが、現在のものは軽くて丈夫というものが多くなっています。防具は取り扱い・メンテナンスをしっかりと行うことが大切です。使用後には汗を拭き取り、日陰で風に当てるようにしましょう。

More Detail